ガンステッドカイロプラクティック

  • HOME
  • ガンステッドカイロプラクティック

ガンステッドカイロプラクティックについて

ガンステッドカイロプラクティック

Dr. Clarence S. Gonstead(以下Dr. ガンステッド)は少年時代、若年性リウマチに苦しめられていました。しかしそのリウマチがカイロプラクティック・ケアを受ける事により完治したのです。この事がきっかけとなり、カイロプラクターとしての道を歩む事を決意し、カイロプラクターとなった1923年、南中央ウィスコンシン州の人口1200人の小さな農場町、マウントホレブにてカイロプラクティックの診療を始めました。

その後、Dr.ガンステッドの評判は州外、そして世界中へと広がり、彼のアジャストメント(治療)を受けるため、病んだ多くの患者さんが彼の元を訪れました。そして彼の正確なアジャストメントにより劇的な速さで回復したのです。

やがて患者さんの数が膨れ上がり、それでも彼は多くの患者さんを助けようと、一週間のうち6日間は朝8時から夜中まで、さらに日曜日は朝5時から10時まで診療をしました。それでも診療スケジュールが彼の限界となったため、それを解決しようと壮大なカイロプラクティッククリニックを建設する事を決め、そこに優秀なスタッフドクターを仲間として迎え入れたのです。

1964年にガンステッドカイロプラクティッククリニックは完成し、1978年の生涯を終えるまでに、Dr.ガンステッドがマウントホレブの小さな町で手がけた3番目で最後のクリニックとなりました。このクリニックは世界最大級のカイロプラクティッククリニックで、22,000スクエアーフィートの広さに、100人以上が座れる待合室、11のアジャストメントルーム、レントゲン室、検査室、そして地下にはカイロプラクティックセミナーを開催できるスペースが備わりました。世界最大級のクリニックであるだけでなく、世界で最も有名なカイロプラクティッククリニックとなったのです。

またDr.ガンステッドは、遠くから訪れる多くの患者さんの為、78室を有するモーテルをクリニックの隣に建設しました。
彼とスタッフドクターたちは、毎日300人から400人の患者さんを診ましたが、その忙しさからガンステッドシステムの芸術と哲学に優れたより多くのカイロプラクターが必要となり、ガンステッドカイロプラクティックセミナーが開催されるようになったのです。
以後、他界する1978年までの55年間、世界中の多くの患者さん(クリニック全体で2億人以上と言われています)を助け、また奇跡を起こしたと言われる伝説のカイロプラクターとなったのです。

ガンステッドカイロプラクティックは数あるカイロプラクティックテクニックの中でも、最も科学的で、また最も難易度が高いテクニックと言われています。ですが、ガンステッドは単なるテクニックではありません。ガンステッドシステムとして成り立っています。

ガンステッドシステムとは、まさに『ザ・カイロプラクティック!』そのものであり、マッサージや電気、その他の療法などは一切行なわず、カイロプラクティックの本来の目的であるサブラクセーション(神経の正常な流れを妨害してしまっている骨格の歪み)を正確に見つけ出し、正確に分析し、そしてそれを正確にアジャストメント(取り除く)する!これのみに特化した真のカイロプラクティックなのです。

サブラクセーションは様々な病気や症状の根本原因となってしまいます。
脳から背骨を通る神経は、身体の隅々にまで、細胞レベルにまで行き渡り、24時間休む事なく情報のやり取りを行なっています。

この神経の流れに障害が起こってしまえば、その神経が支配する身体の部分(関節や筋肉、内臓器官、血管やリンパに至るまで)に問題が起こってしまい、あらゆる問題を引き起こしてしまいます。

このサブラクセーションを正確に見つけ、正確に分析し、正確にアジャストメントする為には、全脊柱のレントゲン画像を分析し、赤外線サーモグラフィーやナーボスコープと呼ばれる検査機器にて身体の中の活動状態、機能を確認し、レントゲン画像における身体の中の構造的な観点と、赤外線サーモグラフィーやナーボスコープなどにおける身体の中の機能的な観点を考慮し、骨盤、腰椎、胸椎、頚椎、後頭骨、それぞれの構造と機能に適した特殊なベッドやチェアー使い分け、各種検査にて導き出されたサブラクセーションを、どの角度で、どの方向に、どのような力加減で、どのタイミングで、またそれはいつやるべきなのか、そっとしておくべきなのか、午前がいいのか、午後がいいのか、頚椎と腰椎は同日にアジャストメントしていいのか、いけないのか、などなど、問診なども含めた、様々な事を検討した上で、始めてアジャストメントにおける方向性が決定していきます。

その結果、アジャストメントするべきサブラクセーションが、1箇所であれば1箇所のアジャストメントで、2箇所必要であれば2箇所のアジャストメントで、それ以上でもそれ以下でもなく、むやみやたらと全身をバキボキとするのではないのです。

サブラクセーションを正確に見つけ、正確に分析し、正確にアジャストメントするために、Dr.ガンステッドは以下の5つのステップを行ないました。

《ガンステッドシステム(5つの分析方法)》

①Instrumentation (インストルメンテーション)

Nervoscope(ナーボスコープ)と呼ばれる小型の検査器具を使用し、脊椎の左右の温度差(神経圧迫の可能性や急性状態か慢性状態かなど)を探します。Nervoscopeの2本のプローブ(熱感を察知する部分)を背中から腰、そして首から後頭部までの脊椎全体にあて、すべらせるように検査をしていき、ブレイク(左右の温度差を察知し針が鋭く振れる部位)、HOTスポットと言われる部分を検出していきます。

②Static Palpation (スタティックパルペーション/静的触診)

座位または立位にて静止した状態の患者さんの背骨付近を中心に慎重に触診していきます。
筋肉の緊張や盛り上がりの違い、他の組織による腫れや浮腫の有無、また圧痛(軽く押した時にある痛み)の確認、そして肌質の手触りなどの状態を確認します。

 

③Motion Palpation (モーションパルペーション/動的触診)

患者さんの身体を前後左右と、様々な方向へ動かし、神経の正常な流れを妨害してしまっていると思われる骨の可動性が減少している部位を検出していきます。

 

④Visualization (ビジュアライゼーション/視診)

患者さんの全身の状態を前後左右から観察し、足の向きや骨盤の傾き、腰や背骨の側弯の度合いやカーブの度合い、背中の筋肉の盛り上がりの違い、肩の高さや首の傾き、歩き方や座り方などを観察します。

 

⑤X-Ray Analysis (全脊椎レントゲン分析)

ガンステッドシステムにおけるレントゲン撮影は、一般の医院や病院で行なわれるレントゲン撮影と、撮り方や評価の仕方において全く異なります。 立位の状態(重力が身体に加えられた状態)で骨盤から頚椎までの全脊椎における正面像と側面像の画像を撮影し分析していきます。

ガンステッドシステムでは、この5つの分析方法を用いてサブラクセーションを正確に探し出していきます。レントゲンを撮影する事で、患者さんの状態を視覚で確認する事が可能となります。

レントゲンを『見る(撮る)』という事は『知る』という事。
レントゲンを『見ない(撮らない)』という事は『推測する』という事。
あなたはご自身やあなたのご家族、そして大切な方々のお身体を『推測』で治療されたいですか?

ここに全ての答えがあるのではないかと私は思います。 人間にとって最も重要な『脳と脊髄』は骨格によって護られています。 大切な大切なお身体を推測で治療するものではありません。

そしてアジャストメント(治療)へ!
ガンステッドシステムによって導き出されたサブラクセーションを手によって優しく、そして慎重に角度や方向などを定め、コントロールされた適切な力によって、レントゲン画像を確認しながら、アジャストメントにおける方針を決定していきます。

アジャストメントの際、ポキっと音が鳴る事もありますが、これは関節の中のガスが弾ける音で、骨が動いた、などとは関係ありません。その為、まったく音がしない、感じないという場合でもサブラクセーションが取り除かれていれば問題はありません。アジャストメントの最も重要な目的は、音を出す事ではなく、正確に見つけ出されたサブラクセーションを正確に取り除き、神経の圧迫を開放する事にあります。
サブラクセーションが取り除かれる事で、神経機能が向上し、自己治癒力、自然治癒力が最大限に発揮されます。

 

最後に…

Dr.ガンステッドが残した言葉をご紹介します。
“Find the subluxation, accept it where you find it, correct it and leave it alone.”
C.S. Gonstead
(サブラクセーション(神経の正常な流れを妨害してしまっている骨格の歪み)をみつけなさい、そしてそれを受け入れ、正しく治しなさい、後はそっとしておきなさい)