よくあるご質問

  • HOME
  • よくあるご質問

Q&A

Q1.施術の際、痛みを伴うという事はありますか?またポキポキというような音は鳴りますか??

痛みを伴うという事は稀ですが、施術箇所やお身体の状態によっては100%絶対に痛みがないとは言い切れません。ただし、あなたと私がリラックスした状態で施術を行なう事ができれば、痛みを伴うという事はまずないでしょう。

ここで一つ誤解されてしまうと困るのは、カイロプラクティックは神経機能が円滑に流れるよう促すケアであり、ポキポキと音を鳴らす事を目的としたケアではありません。アジャストメントの際に『結果的に音が鳴る』という事はありますが『鳴った=成功』などではありません。音が鳴らなくても神経機能が円滑に流れ、関節の可動制限の向上などが成されていれば成功となります。 また、ポキポキ音は骨の擦れ合う音や、骨がぶつかる音だと思われがちですが、実はそうではなくアジャストメントする際に骨と骨の間に発生する気泡(ガス)が弾ける音なのです。

ここで注意していただきたいのが、音を鳴らす事だけを目的とした行為は、本来のアジャストメントにおける角度や方向など全てがバラバラとなってしまっている事から、身体の構造、筋骨格系を始めとした60兆個の細胞、血管、リンパ、内臓に至るまでに関与する神経、つまり神経の流れを無視して行なわれるため身体への悪影響も非常に大きく、また危険極まりない行為ともなりますので、治療院選びにはどうか慎重になっていただきたく思います。

Q2.ポキポキ音が苦手です。ポキポキしないようなアジャストメントの方法はありますか?

はい 来院者様の関節などの状態によって、ポキポキ音が100%絶対に鳴らないという事までは言い切れませんが、来院者様の状態、年齢などに合わせて、低刺激にアジャストメントを行なう事も可能です。この事から生後間もない乳小児から100才になる高齢者の方まで無理なく、そして問題なく施術を行なう事が可能となりますので、どうぞご安心ください。尚、当院ではこれまでにも生後45日の乳幼児のお子様から95歳までの方にご来院いただき、カイロプラクティックケアを提供させていただいております。

Q3.カイロプラクティックではどんな病気や症状に効果が期待できますか?

カイロプラクティックでは、病気や症状に対して直接的に施術を行なうのではなく、骨格の歪みから起こってしまう神経の伝達障害、つまりサブラクセーション(神経の正常な流れを妨害してしまっている骨の歪み)に対する施術、ただ一つとなります。

カイロプラクティックでは『結果として現れた病気や症状』に対してアプローチするのではなく、『根本的な原因となっている骨格の歪みから生じる神経の流れ』に対しての施術を行ないます。そのため、カイロプラクティックでは病気や症状を『直接的に治す』という事ではなく症状に関与している、また元の原因である根本的な神経の流れを正して、あなたの本来持っている自己治癒力を最大限に高め『各種症状を根本から改善』させるという形になります。

西洋医学は科学的な観点から病気や症状に対しての対処療法(薬など)を治療とします。 東洋医学では根本的な部分から治療をしますが科学的な根拠に乏しいところがあります。 それに対し、カイロプラクティックでは科学的な根拠、観点から根本的な治療をするという事から、西洋医学と東洋医学の良いところを合わせもった統合的な治療法とも言えます。

このように根本原因となっているサブラクセーションを正し、神経機能を高め、自己治癒力を最大限に高めるという観点からカイロプラクティックでは様々な病気や症状に対応する事が可能となります。

Q4.サブラクセーションとは何ですか?

サブラクセーションとは骨格の歪みなどによって起こる神経への接触、圧迫などにより神経の機能が低下してしまっている状態です。つまり『各種病気や症状の根本原因』とも言えます。放っておくと椎体、神経、椎間板などが衰え、人の生命力(筋、骨格、内臓、各種器官など)に支障がでます。ジョンズホプキンス大学のウエマツ教授の研究によると、人の脊柱の温度差は0.3度以内が正常値とされています。

またAMA(米国医師会)でも0.52度超えると、その神経レベルの臓器や器官に何らかの問題が起こり、0.9度を超えると98%の確率で臓器や器官が障害を受けると発表しています。この根本原因であるサブラクセーションを取り除けるのは実にカイロプラクターのみとなります。

サブラクセーションを取り除く事で、各種病気や症状の改善、健康の維持、増進に期待がもてます。現在の病気や症状の有無でなく、サブラクセーションの有無にてケアを受けていかなくてはなりません。確かな治療院にて定期的なカイロプラクティックケアを受けられる事をお勧め致します。

Q5.特別、症状はなく健康な方だと思うのですがカイロプラクティックケアを受ける方はいますか?

はい たくさんおられます。症状がない、または症状がなくなってからも、再発防止や健康の維持、増進などのため、多くの方が定期的にカイロプラクティックケアを受けられています。また今、現在症状がない方であるのなら、尚更カイロプラクティック・ケアを受けられる事をお勧め致します。症状が出てからでは回復にも時間を要してしまう事になります。全ての健康は日常生活におけるご自身の健康管理から生じるものです。

例えば現在このような事はありませんか?気になる程度だが自覚のある姿勢の悪さや偏った身体の使い方をしている、内臓器官が少し弱い、肌が荒れやすい、イライラしやすい、熱が出やすい、体調を崩しやすいなど…この『気になる程度』を放っておいてはいけません。

これらは身体の内外共に各部に何らかの負担がかかっている状態が考えられます。つまり『半健康状態』と言えます。 今現在、特別強い症状はなくても何か少しでも気になる事がある、また気になる事はないが健康の維持、増進をしていきたいと思っている方など是非ご来院いただければと思います。 『日頃疲れやすい』『寝つきが悪い』など、ご自身では症状と思っていなかった事の原因が何なのかなども見つかるかもしれません。

世界保健機関(WHO)の定める健康の定義は『完全な肉体的、精神的及び社会福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない。』としています。 病院(検査)にて病名がついていなくても(つけられなくても・わからなくても)本人の調子が悪ければそれは健康とは言えません。 本人が何の苦痛もなく楽しく暮らせるというのが世界保健機関(WHO)の定める健康の定義です。 あなた自身はどうでしょうか?

確かな治療院にて行なわれる積極的な健康管理こそが未来の自分の姿を創り上げます。 この機会に是非、今一度、健康管理についてお考えください。 当院はあなたの健康を応援します。

Q6.痛みは加齢による椎間板、軟骨の擦り減りが原因だと言われたのですが…?

もしも加齢による椎間板、軟骨の擦り減りが原因だとすれば高齢者の方の全員が痛みを訴えるはずではないでしょうか?それなのに何故、痛いと訴える人と、そうでない人がいるのでしょうか?確かに椎間板、軟骨の擦り減りが原因の場合もあるでしょう。しかし問題なのは、何故その患部の部分だけの椎間板や軟骨が擦り減ってしまうのかが問題なのです。

これは明らかにその患部の椎間板や軟骨に継続的な負担がかかり続けてしまった結果であると言えます。そうであれば今後はその患部の椎間板や軟骨に負担のかからないような身体作り、ケアをしていくという事が大切となります。

サブラクセーションによる神経の接触、圧迫、またそれらに伴い起こってしまう身体のアンバランスなどが患部の椎間板や軟骨を擦り減らせてしまい、痛みの根本原因となってしまっているという可能性も十分にあり得るのです。

当院では、椎間板や軟骨が擦り減ってしまった、という結果として出てしまった症状に着目するのではなく、何故そうなってしまったのか、という点に着目し、ケアをしていく事で、それ以上の椎間板や軟骨の擦り減りを抑え、身体バランスの改善、神経機能の向上により、痛みの改善へと導いていければと考えます。

女性からのご質問

Q1.生理中でも大丈夫ですか?

問題ありません。生理中でも施術は可能です。 背骨から通る神経のバランス、自律神経などのバランスが崩れている場合、生理痛、生理不順などが頻繁に起こります。 このような症状でお困りの方も、是非カイロプラクティックケアを受けられる事をお勧め致します。

Q2.妊娠中、または出産直後でも大丈夫ですか?

施術は妊娠初期でも問題ありませんが、もしもご心配という事であれば安定期(16週~35週)に入ってから受けられる事をお勧め致します。 また、産後直後でも問題はありませんが、6週を超えた辺りからの施術が望ましいです。 産後の約1ヶ月間は何よりも安静が第一です。ご家族などに協力していただき、ゆっくりとお身体をお休めください。

レントゲンに関するご質問

Q1.レントゲン分析とは何ですか?

はい 医師の観点とは異なるカイロプラクティック観点からの線引き法による分析方法となります。骨盤から頭頸部までの正面像と側面像における全身を撮影し、それらをカイロプラクティック観点から詳細に分析する事により、サブラクセーションやその他の部位の状態を把握し、施術の有無の決定、施術の方針を検討していきます。尚、レントゲン撮影は提携医療機関にて行ないます。

Q2.レントゲン撮影、分析では、全身を撮影、分析するのは何故ですか?痛みのある個所だけではダメなのですか?

お答えします。とても重要なご質問です。まず、何故痛みが出ているのか?この事をお考えになられた事はありますでしょうか?真実を辿れば、今現在のその痛みやお悩みは根本的な『原因』ではなく『結果』であり、全ての症状というのは身体からのお知らせ、サインでもあるのです。つまり、これまでのようにいくら『結果』ばかりを治療していても、根本的な解決には何もなっていないのです。『その場を凌いだ』また『対処した』だけに過ぎず、再発してしまうという可能性も否めません。何事にも『結果』には必ず『原因』があります。全身のレントゲン画像を撮影し、それらを詳細に分析する事により、結果ではない『真の原因』を把握していきます。その『真の原因』が『結果』である痛みやお悩みを引き起こしている可能性は十分に考えられます。

また来院者様の状態によっては、手技のみの検査では本当に正しい骨格の状態、神経圧迫の状態までを把握するというのは至難の業です。手技のみではあくまでも『○○であろう…』『○○だな…』などの推測でしかなく、人(先生)それぞれの能力(触診力など)によっても検査結果が異なってしまいます。

レントゲンを『見る(撮る)』という事は『知る』という事です。またレントゲンを『見ない(撮らない)』ということは『推測』するという事なのです。確かな治療院にて行なわれる正確な検査、レントゲン詳細分析が、後のあなたの生活を豊かにし幸せにします。来院者様の状態にもよりますが、より確実な検査、施術を望まれるという方には、この全身のレントゲン画像の撮影と詳細な分析をお勧め致します。また、きちんとした検査もしないで行なわれる矯正音(ポキポキ音)だけを追い求めたパフォーマンス的行為は非常にインパクトがあり、その場はすっきりとした高揚感がありますが、これは現在、そして未来のあなたの心身にとって直接的に悪影響を及ぼすため非常に危険極まりない行為です。目先のその満足感は、これからのあなたの心身にあらゆる問題(各種症状)を引き起こします。自身の身体にとって本当に大切なのは何なのか?この機会に是非本物のカイロプラクティックをお選びください。

Q3.以前、病院でレントゲンを撮影した結果、骨には異常がないと言われたのですが?

骨に異常がないというのは『骨そのものには異常はない』という事だと思われます。病院(医師)では主に骨折や癌、感染症などの病理学的所見や変化などの状態を診て判断します。 しかしカイロプラクティックでは、全身のバランスから、神経に関与する骨格の構造、椎骨の退行性変性におけるサブラクセーション退化の状態、椎骨の変位の方向や程度、椎間板の状態の把握などを確認し、問題のある個所を把握していきます。

これはカイロプラクティック特有のもので病院の診断基準とはまったく異なり、病院では『まったく問題がない』という事で処理されてしまうところです。ですが、実はこれは非常に重要な事であり、あなたのその痛み、お悩みは、骨そのものに異常はなくても、骨の変位(サブラクセーション)が問題となり、発症している可能性も十分にありますので、一度カイロプラクティック観点からのレントゲン撮影、分析にて把握される事をお勧め致します。

カイロプラクターに関するご質問

Q1.どのような資格を持った先生が施術を担当しますか?

はい 当院スタッフは、世界保健機関(WHO)に加盟する世界カイロプラクティック連合(WFC)のカイロプラクティック日本代表団体である日本カイロプラクターズ協会(JAC)に所属し、国際的に正式に認可されている国際公認のカイロプラクター(カイロプラクティック理学士号(Bachelo of Chiropratic Science(B.C.Sc.号) )の学位/修了証などを取得している代表を中心とし、国内基準におけるカイロプラクティックスクールと厳しいインターン実習を修了したカイロプラクティック専門のスタッフのみが施術を担当しております。

Q2.WHO基準のカイロプラクティック(カイロプラクター)とは何ですか?

カイロプラクティックは科学的根拠のある代替療法として国連である世界保健機関(WHO)が正式に認可しています。 しかし、それはあくまでもWHO基準のカイロプラクティック(カイロプラクター)の事です。 日本ではカイロプラクティックに対する法律がない為、〇〇認定とか、△△公認、☓☓承認などというように選択する側を困惑させてしまっています。

しかし、世界のカイロプラクティックは、世界保健機関(WHO)のメンバーであり、国際的に認められた団体でもある世界カイロプラクティック連合(WFC)の下、 WHO基準のカイロプラクティック(カイロプラクター)として統一されています。WFCのその発表、言動には世界中が注目しており、いい加減な事はできません。そこから認められる事が本物の証です。

世界基準(国際基準=WHO基準)はそこにあります。WHOより『カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するガイドライン』が発行されました。その内容がまさにWHO基準のカイロプラクティックであります。 当院は上記のガイドラインに準拠した教育基準をクリア―したWHO基準のカイロプラクティックオフィスですので安心して施術をお受けください。

Q3.一般社団法人 日本カイロプラクターズ協会(JAC)とは何ですか?

世界保健機関(WHO)のメンバーであり、国際的に認められた団体でもある世界カイロプラクティック連合(WFC)の唯一のカイロプラクティック日本代表団体が一般社団法人 日本カイロプラクターズ協会(JAC)となります。日本に数あるカイロプラクティック団体の中で国際的に最も信頼のある団体で、WHO基準のカイロプラクターのみが入会可能とされ構成された組織です。

他の療法との違いについて

Q1.整体との違いは?

カイロプラクティックは米国発祥のプライマリーヘルスケアで世界保健機関(WHO)が正式に認可しており、科学的、医学的に裏付けられた治療法として世界の約40カ国で法制化されています。また、教育内容も医学部と同等のカリキュラムで構成され資格(D.C.号(米国政府発行学位)やB.C.Sc.号(豪州政府発行学位)など)取得後は医師と同等程度の地位として確立されています。またカイロプラクティックは決して骨格の歪みを治しているのではありません。

骨格の歪みから起こる『神経の流れ』にアプローチしています。この神経の流れを円滑にし、自己治癒力を高める事で各種症状を改善へと導く事を目的としております。実はカイロプラクティックで行なわれる事の全ては脳科学に基づいているのです。

それに対し、整体は多種多様なため、定義付けが難しいのですが、日本や中国が発祥と言われており、カイロプラクティックをルーツとし派生した民間療法で教育内容にも別段の定めがありません。その為、全てが個人または民間レベルでの基準となっており研究なども盛んではありません。また科学的、医学的根拠にも乏しいという事から世界保健機関(WHO)からの認可もおりていません。

ほとんどの整体療法は身体の内部で起こる神経の流れを円滑にするという事を目的とはしておらず、外見である姿勢や構造的な部分を正すという事を主な目的としております。そこに筋骨格系を始めとした、60兆個の細胞、血管、リンパ、内臓に至るまでに関与する神経、つまり『神経の流れ』については考慮されておりません。

Q2.接骨・整骨院(柔道整復師)や鍼灸、あん摩マッサージ指圧との違いは?

接骨・整骨院とは日本が発祥の手技療法で骨折、脱臼、打撲、捻挫などの急性症状に対してのみ保険が適用されます。疲労による肩こりや腰痛、膝痛などに施されるマッサージには保険の適用はされません。

鍼灸とは「鍼(はり)」や「灸(きゅう)」を用いて経穴と呼ばれる「ツボ」を刺激することにより血液循環を促し自然治癒力を高め各種症状を改善させる治療法です。

あん摩・マッサージ・指圧は、身体に対して手や指等による刺激(押す、揉む、叩くなど)を与えリラックス効果を引き出し血液循環を促す事で健康を増進させる手技療法です。

不安、悩み、心配事など

Q1.途中で担当の先生が変わるという事はありますか?

基本的にはそのような事はありません。最初の問診から検査に施術、そして未来のあなたのケアまで全て担当の先生が責任をもって行ないます。また来院者様に直接、接していない部分(レントゲンの状態把握やカルテの把握など)や予後の説明からアドバイスに至るまで、担当の先生が行ない、またさらにはスタッフ全員でも責任をもって行なっていきますので決して真実がブレるというような事はありません。ですので、安心して施術をお受けいただければと思います。

Q2.骨粗鬆症なのですが大丈夫ですか?

はい 大丈夫です。来院者様の状態に合わせて施術を行なっておりますので、どうぞ安心してご来院ください。当院ではこれまでに95歳となる女性にもご来院いただき、カイロプラクティック・ケアを提供させていただいております。

Q3.リラクゼーションマッサージのコースはありますか?

申し訳ございません。当院はカイロプラクティック・アジャストメントを唯一の施術とするカイロプラクティック専門のオフィスとなり、リラクゼーションスペースなどではありません。その為、『マッサージ類似行為』や『物理療法』などは一切行なっておりません。

Q4.当日はどのような服装で来院すればいいですか?また着替えなどは持参した方がいいですか?

当院では、男女別の専用ガウンをご用意しておりますので、当日はお着替えしやすいような服装で来院される事をお勧めしております。

Q5.カイロプラクティック・ケアを受けられないという事もありますか?

WHO(世界保健機関)によって、骨折、脊髄腫瘍、骨髄炎、出血、感染症、髄膜腫、血腫、脊椎の悪性腫瘍、椎骨の脱臼、筋肉や軟部組織の腫瘍性疾患などがカイロプラクティック・ケアにおいては禁忌の対象として定められています。

費用、割引制度などについて

Q1.保険は効きますか?

カイロプラクティックは日本において医療として認可されていないため、保険の適用にはなりません。

Q2.医療費控除になりますか?また領収書は出ますか?

申し訳ありませんが、当院ではクレジットカードはご利用になれません。お支払は現金のみにてお願い致します。

Q3.最後の施術から1年が経ちます。再検査に費用などはかかりますか?

はい お身体の状態を再度、把握するため、前回のご利用から6ヶ月以上が経過してしまうと再検料が発生します。また最後の施術から1年が経過してしまいますと再度レントゲン画像の撮影も必要となってしまいます。ですが、これは現在のお身体の状態をしっかりと把握するためにもとても重要となります。

Q4.回数券などはありますか?

はい ございます。各回1,000円の割引となる回数券(10回券)をご用意しております。またご家族間であれば併用も可能となりますので、ご家族の皆さんで是非ケアにご来院ください。